八頭身に近づくカンタンな方法【小顔治療が人気のワケ】

婦人

小さい顔になるために

カウンセリング

小顔になりたい場合には自分でも対策をすることができますが、整形をすると大きな効果を実感することができます。手術以外にも、ヒアルロン酸を顔に入れたり ボトックス注射をすることで手軽に小顔になれる整形方法も存在します。

もっと詳しく

工夫次第で変化できる

先生

小顔にするには整形がお勧めです。実際に人気があります。手軽に受けられる点や、昔よりも痕が残りにくくなった点などが人気の理由でもあります。また、世の中、小顔ブームという点も影響しています。特にエラが張っている人にお勧めです。

もっと詳しく

望む顔を手に入れる

鏡を見る人

小顔は美人の特徴です。益々自分の顔を磨きたい人やコンプレックスに悩んでいる人は美容整形で小顔を手に入れてみましょう。美容整形で小顔治療を選択した場合、二重顎からたるみまで様々な問題を解決できます。安心して治療を受けられる病院を探しましょう。

もっと詳しく

顔の形成治療

笑顔の女性

軽い施術から試そう

最近の整形治療では、色々な方法で小顔が目指せます。治療のレベルにも段階があり、プチ整形から本格的な骨削りまで選ぶことが可能です。美容整形は、概して施術後の具体的なイメージが沸きにくいという問題が浮上します。綿密な計画を立てて臨んでも、自分の理想とかけ離れてしまうことがあるのが美容整形です。特に外科手術による小顔治療は、輪郭に手を加えるためさらにイメージが得にくくなります。こういった仕上りのギャップを少なくするために、実際にプチ整形を受けてみるのも一案です。ヒアルロン酸注入による治療であれば、10分程度で施術が終わります。ダウンタイムもほとんどないため、お試しとして利用するにも適当です。このような整形治療を受ければ、部分的な変化がより具体的に分かります。ヒアルロン酸の場合は数か月から数年程度で体内に吸収され、元に戻るのが特徴です。ですので、後に本格的な整形に改めて挑めます。小顔治療で頻繁にアプローチされる場所としては、例えば顎が挙げられます。顎は顔全体の印象を決める部位であり、小顔治療では重視される場所です。半永久的な効果を希望する場合、主にシリコンを埋め込む方法が選択されます。こういった埋め込み手術には、数日から数週間程度の痛みや腫れが伴うのが一般的です。出血のリスクがあるため、生活上も一定の制限が求められます。費用も高額になる傾向があり、仕上りが不確かな場合はリスクが高くなるのが大きな障害です。予めプチ整形を利用していれば、高リスクの施術にも抵抗が減ります。八頭身に近づくカンタンな方法を試していきましょう。

立体感がポイント

顔が大きく見えてしまう要因は、日本人特有の扁平な顔の形にもあります。全体的に立体感が少ないと、正面から見た際に横広がりに見えてしまうのが常です。そのため、顔のボリュームが実際より大きく見えてしまいます。このような状態は、顔に立体感を加えることである程度解消することが可能です。顎にアプローチをする整形治療は、少なからず顔に立体感が出ます。ヒアルロン酸注入でも行えるのが、この手の顎の整形治療です。注入量を調整すれば、自在に顔の立体感がコントロール出来ます。長期的な効果を望む方は、顎にシリコンを入れる小顔治療が受けられます。この場合、プロテーゼと呼ばれる素材を下唇の下から入れるのが一般的な方法です。プロテーゼのサイズにも種類があり、自分に合ったサイズが選べます。手術は口の中から行うため、傷口が人目に付くこともないのが一つの利点です。外科手術で問題になる術後の腫れや痛みも、口の中から施術を行えば最小限に抑えられます。顔に立体感を加える施術は、理想的な横顔の形成にも役立ちます。目から鼻、顎にかけてのラインが整うことで、バランスの良い顔立ちになることが多いです。正面から見た顔だけでなく、横顔も同時にケア出来てしまうのが顎の整形治療と言えます。立体感を加えることで多くの場合解決が出来るのが、日本人顔の悩みです。いずれの場合も、施術前に十分な検討を行うことが治療を成功させる重要ポイントと考えられます。整形治療の症例写真も、役立つ参考資料の一つです。